海人オヤジ.com
☆海人オヤジ present's☆

1/28 21:00 NewSite Open
uminchu super link
Counter

















カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
flower bed&Soil
d0089110_1255497.jpg

        二つある花壇のうちのヒトツは椰子の木の根元のあいた場所。
        花壇の直径は約3m、ブロックを三段積みで勝負しています。
d0089110_1261749.jpg




*植えてある花の写真は追々、掲載していきます。



以前は2tトラック単位で山砂を買っていた。買った山砂はそのままというワケにはいかず一輪車で庭の奥、つまり邪魔にならない家の裏手に運び入れ必要な時に再度、運び出して使っていた。しかし最近はそんなに買わなくても用が足りるようになったのでホームセンターで1袋あたり400円前後で買ったりしていたりもした。2tトラック一台の大山で3000円に対して随分と高いが土の成分や袋詰め等の包装代を考えるとコレも仕方がないことであった。

今、オレが使っている土は完熟牛糞堆肥かバーク堆肥を80%:庭の砂5%:化成肥料とボカシ堆肥、米ぬか、コウモリの糞の有機肥料10%:買った黒土5%と配分で自らブレンドをしたものである。そんなオリジナル用土で育てる花や野菜にはイキオイが感じられる。完熟牛糞堆肥は完熟ゆえにガスの発生や臭いがなく普通の土のようにサラサラとしている。肥料焼けを起こすこともなく水はけや保水性も黒土で調整出来ている。まぁブレンドはテキトーといえばテキトーなのだけれど現時点で失敗はないので間違いではないようだ。山砂(庭土)だけだと安価でいいのだけれど水はけが良すぎて肥料成分が抜けやすく肥料が効きにくくムダである。かといって赤土や黒土のようにベッタリした土だけだと保水性が高すぎて根腐れを起こしてしまう。牛糞ベースもしくはバーク堆肥ベースの土だとランニングコストに優れ肥料方面のことにも好都合なのだ。一袋あたり40Lで398円。対して一袋18Lあたり298円の花用土・・・堆肥ベースであれば肥料の量も少なくて済むというメリットもある。

以下に庭師御用達の肥料関係写真一式を掲載しておきます。
庭師を目指している方は是非とも、ご参考にしち下さい。ヨロチク。

d0089110_1294423.jpg

土の主成分としている牛糞堆肥もしくはバーク堆肥。バークとは木の皮を主成分としたもの。
d0089110_1211143.jpg

オール8(窒素、リン酸、カリ)の化成肥料は液肥と並んで追肥に欠かせないもの。
有機か無機もしくは国内産かどうかで価格は違う。
d0089110_1212119.jpg

キョーレツな臭いではあるものの土にすき込んでしまえばナンツーことはない。(と思う)
d0089110_1217045.jpg

自宅で玄米を精米した時に出る米ぬかを貯めたものを使用。
仮に自宅に精米機がなくても近所にコイン精米機があれば、
その管理人に連絡して頼むといくらでも入手可能だと思うのだ。
d0089110_1220119.jpg

バットグアノはコウモリの死骸やフンを粉状にしたもの。
色鮮やかな花と甘い実を作るならコレはあった方がいい。
d0089110_16444994.jpg

↑↓保水性の確保に。土温を上昇させるのであれば植えた表面に撒くといい。
d0089110_1225264.jpg

d0089110_12281528.jpg

現在は土の主成分は堆肥にしたので小さな鉢植え等に使用。
d0089110_12311518.jpg

               鉢植えの底に敷いている赤玉土。
d0089110_12351286.jpg

買った庭木を挿し木にして”元を取るのだ!大作戦”決行のために今年初めて買ったもの。
d0089110_12363943.jpg

        鉢植えの表面に敷いてカッコつけるためのバークチップ(木の皮)
        なんとなくシロアリが気になるのでメーカーに確認してからにしようと
        未開封のまま・・・。木酢液に着けてからならばカンペキなんだが・・・。
d0089110_12374017.jpg

   畑や花壇を作る際に使用。すき込んだら散水して二週間放置して植えること。
   また化成肥料の使用を続けると土が酸性になるので中和するために
   4~5か月に一度パラパラと・・・目に入るとアブナイので飛散しない粒状がお勧め。
[PR]
by uminchuD200 | 2009-04-18 19:18 | D200+SIGMA30F1.4HSM